スポンサーサイト

  • 2011.02.27 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「人の絆」は変わらない


昨日に引き続き今日も「人の絆」を強く感じた一日となりました。

会社の同僚の方々に部会、という場を通じて、転職の決断を告白
しました。

言う言葉はすでに決めていて
「場所や環境が変わっても、『人の絆』が変わることはないと
信じています。これからも一生を通じた良いお付き合いをお願い
します」という趣旨のあいさつをしました。

部会終了後、皆さんから様々な声を掛けられましたが、やはり
「頑張れ!」と言って下さる方がほとんどで、事前に感じていた
心配は全くの杞憂に終わりました。

「送別ゴルフ」を企画して下さる方もいたりして、かなり感動して
しまいました。

そして全国にいる私と同期の方々にも、一斉にメールで決断の連絡
をしました。

たくさんの方から返信をもらいましたが、全員から「いつまでの俺ら
の関係は変わらないよ」という言葉をもらえました。これまで真剣に
みんなと付き合ってきたからこそ、こういう言葉をもらえたんだと、
今再確認しています。

T氏の言葉
「いい顔をしてるお前に会うのを楽しみにしてるよ。こっちも負けね
ーから(笑)」

みんな、最高の仲間たちです。

これからもよろしく!

ヒトノキズナ


今の会社を退職するまでに1ヵ月を切ったということで、入社以来
お世話になった同じ岡山支局の同期みんなに、転職の決断を告白
することにしました。

すでにHPやBlogで私の決断を知っている同期も数人いて、そのうち
の一人がプチ送別会、という形で会を開いてくれました。

そして一次会で決断の告白をしました。

・・・

みんな、笑顔で「頑張れ!」という言葉を掛けてくれました。
そして来年の結婚へ向けた決意も話したところ、拍手で祝福して
くれました。

「場所や環境が変わっても、『人の絆』が変わることはないと
信じている。これからも一生の友人として付き合って欲しい」

と言ったところ、みんなは口を揃えて
「当然じゃん!」と。

人生で、いい出会いをし、いい親友を持ちました。

これからもよろしく!

この道を往く


今日も外勤が終わり、会社へ戻ったところ、上司から声を
掛けられました。

「今日中にコレを書いて、提出して下さい」

コレとは?そう、会社指定の「退職願」でした。

これを書いたらもう後には引き返せません。日付け、名前、退職理由・・・、
一字一句書く手に思いを馳せながら、所定の項目を埋めました。

そして提出。

書類提出をもって、9月末で現在の会社を退職することが決まりました。

上司曰く
「来週の頭に部内会議があるので、その場で営業部全ての人に退職する
ことを報告します。みんなに言う何か一言を考えて来て下さい」
とのこと。

社会人になって、この2年間。大小の差はあれ、本当に様々な人にお世話に
なってきました。9月の1ヵ月間で可能な限り、その一人一人に感謝の
気持ちを伝えると共に、今後も変わらないお付き合いをお願いしていこう
と思っています。

まずはこの場で伝えます。

出会った全ての方からあらゆるモノをGiveして頂きました。本当に、本当に
感謝しています。この恩は一生忘れません。「ありがとうございます」

「いよいよ」です。

10月1日



この1週間、激動でした。

現在の会社側との退職交渉。両親への転職の告白。

あらゆることが動き出し、そして細かい結論が決まりました。

まず転職先への入社日について。現在の会社と交渉したところ
「仕事のスパンが2ヵ月単位なので、可能であれば9月末まで仕事をやって欲しい」
という強い要望があったので、最後の恩返しの意味も含めて、
現在の仕事を9月までやり、転職先へは10月1日付で入社
することが決まりました。決まった以上は、残った時間で
できる限りの活躍をして、自分自身を成長させるのみです。

東京での住まいについて。
私が3歳から高校3年の時まで暮らしていたマンションがある
のですが、現在賃貸している1室が、ちょうど8月末から空き
になるとの報を両親から聞き、そこにしばらく住むことに
しました。一人暮らしで3LDK。無駄に部屋を使えそうです(笑)
また、現在遠距離恋愛中の彼女が上京するかもしれないとの
ことで、もしかしたら同棲・・・!?かも。

まさに、激動です!(笑)

今週はいろいろな方面の方にお世話になってしまいました。ありがたい
ことに、その全ての人が私に力を貸してくれました。この間に受けた恩
は、必ずや何らかの形でGiveしていきたいと思っています。本当に
ありがとうございました。これからもよろしくお願いします!

会社と生きる?自分と生きる?



昨日、上司と転職の最終意思確認の面接をしました。

私の答えは一昨日も書いた通り、「やはり次のステップへチャレンジしていきたい」というものでした。

直属の上司からはやはり「将来的な収入は大丈夫なのか?」「行く行くは家族を養っていけるのか?」と、デメリット面の心配をされた。ありがたいと思う。

でも

今回の転職は様々な面から考えた上での結論なのです。特に一番大事なのは「自分がもっと輝くためにはどうすればいいのか?」という問いに対する結論なのです。一時的な収入は確かに下がります。でも、私の一生のほとんどを、会社の存続のためだけに時間を注ぐのか、それとも自分の力を最大限発揮して、夢を達成するために全力を注ぐのか、という2つの観点から比較して、私の場合は後者を選択したということです。

会社に安定感、安心感を人生に求めてもいいと思います。それを全く否定することはありません。私の場合、そういう環境に甘えてしまっている自分に納得がいかなかっただけなのです。

昨日の面接によって、社内でも転職へのステップがかなりスピードアップすることと思います。

P.S 不思議なもので、プレッシャーから感じていた(と思われる)胃の痛みは、すっかり解消しました。

両親への手紙



転職の決断を両親に報告すべく、手紙を書きました。
親に対して手紙を書くのは、何年ぶりかのことになります。実際に目の前にいたら、「こうやって決断の説明をするんだろうなぁ」と思いながら、手紙を書きました。現状、転職に至るまでの経緯と心境の変化、転職先を決めた理由、親との約束等々、便箋3枚になりました。明日発送します。

最初は手紙を読んで、失望するんだろうなぁ。でも、自分で決めた決断、人生を歩んで行くのは自分なんだから。自分の行動を見て、いずれ両親にも分かってもらえる日が来ることを、今はひたすら願うのみです。たぶんそんなことはないんでしょうが、勘当すら覚悟しています。

ある人から素敵な言葉をもらいました。
『なんぼのもんじゃい!』という言葉。

どんなことが起きようと、どんな人に囲まれようと、自分にやってやれないことはないと。自信を持って行けという意味。ホントに今の気持ちを代弁するのはこの言葉なんだろうなぁ、と思っています。

声を大にして言いたい。
『なんぼのもんじゃい!!!』と。

言葉の力



昨日のBlogの話を親友の数人にメールで報告したところ、何人か直接電話をしてきてくれました。

「ついに一歩踏み出したね」
「精神状態は不安定になってない?大丈夫?」
「東京に戻ってきたら、一緒に遊ぼう!」
「共に夢に向かって一歩ずつ進んでいこう」

言葉の力ってすごいです。特に信頼している親友からの場合、その力は格段に強いものになります。プレッシャーから感じていた胃の痛みは、友人たちを話をすることで、すっかり解消しました。また、みんなからたくさんのものを頂いてしまいました。この貸しは、いずれ必ず何らかの形でお返します。みんな、ありがとう!

明後日、会社を去る日など具体的な詰めの話を上司としてきます。仕事の引き継ぎ、関係者への説明・挨拶、引越、新転地での生活と仕事の開始etc・・・。これから忙しくなるなぁ。

壁の向こう側



転職の意思を上司に伝えました。

言い終わった後、「上司に転職意思を伝えるということは、大きな壁だったんだな」と気が付きました。キリキリとした胃への強い痛みを感じましたので。やはりプレッシャーだったんでしょうね。

上司は想像していた以上に素晴らしい方でした。私を強く慰留したいと思っていること。私の仕事に対する希望を聞いて、可能な限りその希望を満たしたいと思っていること。回答を急がないので、じっくり考えた上で再度答えを聞かせて欲しいこと。などを話してくれました。

自分の決断は考えに考えを重ねた上で出したものなので、今さら変わることはありませんが、心が揺さぶられたのは事実です。こういう上司と共に仕事をしていけないのは、とてもとても残念なことです。

自分の意思を伝えることで改めて見えてきたものもありました。
それは次の5つ。

・人に役立ちたいと思っていること。肌でそれを感じたいこと。
・プレゼンテーション力(提案力)を高めたいと思っていること。
・小さい会社・組織で働き、トコトン暴れてみたいと思っていること。
・東京で働きたいと思っていること。
・彼女と結婚したいと思っていること。

もう前に進むのみです。

壁の向こう側には・・・小高い丘の頂上でした。そこからは澄み渡った空に虹が一つ見えました。

P.S 昨日の日記から今日に至るまで数人の方からメールで素敵なメッセージを頂きました。一つ一つが私の勇気となりました。この場を借り?トお礼を申し上げます。ありがとうございました。これからもお力添えをよろしくお願い致します。

いよいよ明日



いよいよ明日です。
言わなければならないことを言います。
自分の気持ちを一方的に伝えるのではなく、
きちんと相手の気持ちを受け止められるようにしたいと思っています。
壁です。登るのが結構険しそうです。
でも、別の見方をすれば、人生でも滅多にないイベントを明日迎えられる
ということかもしれません。そういう意味では成長のチャンスなのかな?
どういう結果になることやら。
このBlogで報告します。
ドキドキ。

ブログパーツUL5
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM