スポンサーサイト

  • 2011.02.27 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


プロセスも大事だけど、結果も大事だよね

今の会社に転職してきて、
気が付けば3年目に入っています。

2002年4月から社会人になったので、
社会人は6年目に入っています。

今、仕事が楽しいです。
求められることも徐々に幅が広がってきて、
やることもたくさんあるんですが、毎日
とても充実しています。

そして今、心の底から思うこと。

もっともっと仕事が出来るようになりたい。
しかも早く!

出来ることが多くなってきてはいますが、
まだまだ出来ないことも多いのが事実です。

その辺りを感じて下さったのか、
ナイスタイミングで上司が声を掛けてくれました。

もっと出来るのに、
もっとやれる部分があるのに、
やれていない自分に気付いて、
とても悔しく思っています。

大胆かつ繊細に、って
とても難しいです!!!!

問題や課題に対して、大胆に飛び込むのは
得意なのですが、繊細に事を進めるのが
とても苦手です。。。

■仕事の棚卸しをする
■一つ一つの仕事に名前を付ける
■どうしたら最短で目標に達することができるか
を考える

プロセスも大事だけど、
結果を出すこともとても大事だよね。

人から信頼されたいなら特に。
言い訳はいいから、
とにかくやろうぜ。自分。



P.S 写真は、後輩にもらったWalt Disney Worldのお土産のボールペン。
書きやすくて、意外とスグレ物♪
結婚式でのスピーチのお返しだそうで。
この場を借りて、Special Thanks!
末永く、お幸せにね♪

「こんな人と働きたいなぁ」という人物像をイメージしてみました



これから自分と一緒に働いて頂く方を
募集する可能性が高いので、その時に
備えて、「こんな人と一緒に働きたいなぁ」、
という人物イメージを考えてみました。

■何事にも一生懸命取り組む
■社交的な人
■話しかけやすい人
■組織の変革には経営資源の「ヒト」にアプローチ
することが必須であると、心の底から信じている
■熱い人(表に出すかどうかは問題ではなくて)
■協調性が高い
■責任感が強い
■夢や目標を持っている(漠然としててもいいので)
■素敵な笑顔の人

そして、
一番大事なのは・・・
■ホスピタリティ精神のある人

人に直接的に関わる仕事なので、自分がどうしたい
という思いも大事なのですが、それ以上に、相手に
何かしてあげたい!という「もてなしの心」が一番
大事だったりします。

これからこの組織、この人に、こんなことをしたい
と思っているんです。どう思いますか〜?と熱く
ディスカッションが出来る人だと最高です♪

【コレって知ってましたか?】用紙規格のA判/B判の違い

普段、職場などで何気なく使っている
A判とかB判の用紙。

そもそも何で2つの種類があるのかって
ご存知でしたか〜?

「A判はドイツから輸入された国際規格。
B判は江戸時代に将軍家が使用していた美濃紙
に由来する日本独自の規格」だそうです。

「面積1m、幅と長さの比を1:√2になるように
求めた寸法を基本にしているのがA判。
同様に面積1.5mから求めたのがB判。」

以前はA判もB判も同じ暗い使われていたそうですが、
最近はパソコンが普及したこともあって、A判の用紙
規格が主流になってきました。
日本の役所では、独自の規格ということで、B判を採用
していましたが、今では続々とA判に移行しているの
だとか。

普段何気なく接しているモノにも、
いろんな歴史があるんですね〜。
勉強になるなぁ。

<R25.jpより>
http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200609141113?vos=nr25alsc0158001

さすがに腹が立ったので・・・




すいません。
この日記は愚痴です。

この後にはお口直しの楽しい気持ち
になれる日記も書きます(笑)

うまくいかなかったことを反省して、
次回改善していくことはいいことです。

でも、それは今やるべきことですか?
彼に必要なのは休息ではないですか?

話すのは自分の言う事を聞く人だけですか?
リーダーになろうとしているなら、
リーダーになるべき立場なら、
すべきことがありませんか?

ダメ出しがいけないという訳ではなく、
頑張ったことに対して誉めることも
大事なことです。

そのままのスタイルでリーダーになるなら、
誰があなたの言う事を聞くのでしょうか。

終わった事を何度も掘り返し、終わりの
ない会話をする。

次に何が出来るのかを考えましょう。
そのために今何が出来るのかを考えましょう。
常に可能性を考えましょう。

ダメ出しなら誰でも出来ます。
一緒に出来ることを考えることが
大事だと思います。

リーダーがやるべきこと。
リーダーだから出来ること。
そんなに難しくはないと思うのですが・・・。

【これも】ホテラバみたいな感じで【仕事?】

今度の土曜、14日に、
会社で新卒向けセミナーがあります。

で、
いつもセミナーでは司会をやっているのですが、
今回はセミナー内のどこかのパートを講演する
ことになりました。

しかも、今回のセミナーのコンセプトは「相互理解」
とのことで、参加する会社の人、学生側の参加者も
含めて、「みんな、私服で宜しく♪」という指令が
出てます(笑)。

私服って言ってもなぁ。
夏場はポロシャツかTシャツを着ることが多い
けど、セミナーにそれはないよなぁ。。。

考えたあげく、とりあえずHOTEL-LOVERS-オフ会
に行くようなスタイルで、ということにしました。
ラフなビジネスカジュアルスタイルみたいな感じです。

普段、会社にはスーツスタイルで行っているので、
ワードローブにコレというものがありません。
そんな訳で、早速今日、買ってきました。

黒のジャケットと、
ストライプのシャツと、
ブラウンのパンツと
それに合うベルト。





いろいろ考えながら服を選んだので、購入
までにだいぶ時間が掛かりました(笑)。

とりあえずセミナーまでに私服が揃いそうなので、
ホッとしました。。。が、肝心のセミナーでは、
私は何を話すのかを、、、まだ知りません(笑)。

司会ならぶっつけ本番でも出来るけど、さすがに
講演でアドリブはキツいからなぁ。早い段階で
確認しなきゃ、ですね。

緊張するなぁ。
でも、楽しみ楽しみ♪

新しくすること、捨てること



仕事上で、
ちょっとした軽い岐路に立っています。

でも、答えはほぼ見えているんです。

「新しくするのか」
それとも、
「このままなのか」
選択肢はこれだけ。

そうなると、選ぶのは、当然
「新しくする!」でしょう。

でも、「新しくする」ということは、
これまでの形、これまでのあり方を
否定して、時には「捨てること」にも
なります。

実はこれが結構大変だったりします。

今日はこんなことを垣間みた瞬間が
ありました。心の底で叫んでいました。
「それ、俺がやります!」

やろうとしていることにホントに取り組んだら、
この先、何年かかるか分からないですよー。

時代も環境も、日々スピード上げて、ドンドン
変化しています。自分たちも変わらなきゃ。

まずは行動を!
細かいベクトル合わせは、後でも出来るので。

明日からは今の120%以上のスピードで
やらないとなぁ。やることがいっぱい!
だけど、一つ一つの項目も深堀して、精度を
高めないといけないし。

日々、充実してます。忙しくはないです(笑)。


最近、仕事の話ばっかり(笑)。
楽しいことは楽しいんですが、
たまにはプライベートのことも
書きたいなぁ。ネタがあまりないけど。

ディズニーランドに行きたい!
ビリヤードに行きたい!
ボーリングに行きたい!
カラオケに行きたい!
ドライブに行きたい!
映画を観に行きたい!
バスケがやりたい!
ゴルフに行きたい!
ダーツに行きたい!
BBQがやりたい!
デートしたい!

ここに書いておけば、
一つぐらいは実現する・・・かな?(笑)
あはは〜、誰か一緒に遊びましょー♪

アナタは誰ですか?



渋谷のQフロントの8Fにある「ぷん楽」で、
会社の上司と飲んできました。

「すごい頑張っていると思うけど、
この先、本当に一流になって、トップを
張るためには、何か足りないんだよね」

ホントは「ちょっと1杯やってく?」という
お誘いだったのに、終電はとうに過ぎて、
つい先ほどまで飲んでました(笑)。

詰まるところ、こういうことでした。

■脇見も振らず、がむしゃらに仕事をした方
がいいかもね。

■個人軸があまりに強いので、組織として成功
するために何をすべきかを考えて、行動した方
がいいかもね。


爆発的な行動をするためには、やっている業務
を増やすか、トコトン深堀するしかないんです。

業務を増やすことには全力を注いできたので、
これからは業務の深堀をしていかないとね、
というのが1つ目の話でした。


2つ目の話は、これまでも、仕事をする上では
「社名ではなく、個人名で勝負したい!」という
思いが強かったので、転職して1年半の間もずっと
そうして主張してきました。

でも、ここは営業ではなく、事務部門で、組織力を
発揮しなければ、大きな結果を残すことが難しい
環境です。

最近、部署内の人との軋轢が、徐々に表面化してきて
いるなぁ、とは感じていました。そして、今日、その
答えが分かりました。

「個人名としての自分」で接するのか、
「組織人としての自分」で接するのか、
時と場合によっては、使い分けないと、けじめを
付けるのが大変になってしまいますよね。。。



「今」も大事で、
「将来」も大事で、
「将来」を見据えつつ、
「今」で何をやるのか、やるべきなのか、
を考えなきゃダメですね。

実体験されて、実績を残している人の
言葉は、やっぱり重みがあります。
心にしみ入りました・・・。

ベクトルを合わせる

「人が最大限の力を発揮することができる
組織(社会システム)づくりに携わる」

これが私の人生の目標です。

大学3年の時に考えて、新卒としての就職活動
に始まり、現時点の日々の仕事の上でも、この
目標にベクトルを合わせて仕事をしています。

この目標を達成するために、自分なりに、今後
どんな分野に注力していくのかというと・・・

■ビジネスでの成功体験
■知恵を学ぶ
■人間力の向上

この3つかな、と思っています。

■ビジネスでの成功体験
これは極めてシンプルで、現在いる会社で、
「人が最大限の力を発揮することができる、
組織づくり、システムづくり」に全力で取り組む
ということです。

現在の担当領域は人事、特に採用や教育に携わって
います。採用では、「ポテンシャルを見極める選考
のやり方のプロセスを構築して、形に残すこと」
教育では、「ライフビジョンから『仕事』を考える
ための、ビジネススクールを社内に創設すること」
を目標としています。

5年後に「働きがいのある企業ランキング」で
トップ20位以内に入ることが定量的な目標です。

■知恵を学ぶ
「やりたいこと」をやるためには、知恵が必要です。

憲法を始めとした法律の知識。
日本や世界の歴史。
現代社会やビジネスの最新情報。
問題解決力。
ビジネスを進める上での知恵。
英語を始めとした語学スキル。
などなど。

乱読も大事ですが、これを学ぶために○○を読む
という戦略的な意識も必要だなぁ、と痛感してます。
(そういうのは苦手です・・・)

■人間力の向上
何度も日記で取り上げていますが、「人との語らい」が
キーワードになると思っています。

自分が考えていることを相手に語り、
それについて語り合うこと。

相手が考えていることを語ってもらい、
それについて語り合うこと。

語らいは新たな発見を生み、
語らいは自分の考えをブラッシュアップさせる
ことにも繋がります。

テーマは何でもOK。
政治経済や国際情勢の話から、バカ話まで。



この3つが、私の人生を通じた目標を達成する
ための、当面の指針です。

イマイチ・・・



うーん、何ですかね〜。

5月だから?
梅雨っぽい天気だから?
週末に休んでないから?

何だかノリが悪いんです。
気持ちのノリが。

仕事をしていて、何だかノリが
悪くて集中力に欠けるなぁ、と。

別に体調が悪い訳でも、仕事や職場
が嫌になった訳でも、プライベート
で大きな問題を抱えている訳でも
ありません。

なのに、ちょいとモチベーションが低下
してます。持ち前の爆発力が不発気味っす。

うーん、何だろうなぁ。

少しだけ睡眠時間を延ばしてみるとか、
夢や目標を見て、目指している方向性を
もう一度再確認したりしていました。

でも、やっぱり何だかノリが悪い・・・。

自然の中でボーっとしてみるのもいいの
かもしれませんね〜。

それとも、
「そういう時」なのかもしれませんね〜。

人を見極めるポイント



よく聞かれるので、自分の考え方をまとめる意味
も込めて、日頃やっている人事面接で、人の何を
見て、どう評価しているのかを書いてみます。

就職、転職の活動をしている方、人事で採用を
担当されている方の参考になれば幸いです。

【注意点】
※これはあくまでも個人的な意見です。
※一つのポイントだけで合否を判断することは
ありません。
※面接は、現場のリーダー+私が行っています。
その部署特有の技術力は現場の方に見てもらって
います。
※あくまでも面接で活かせるポイントであって、
日常生活にはあまり活かすことはできません(笑)

【ポイント】
■ポイント1:ラポールがきちんと出来るか?
■ポイント2:自分の事を自分の言葉で話せているか?
■ポイント3:困難な状況や課題にどのように
 向き合っているのか?
■ポイント4:会社や仕事を選ぶ基準は?
■ポイント5:短期的(1〜3年ぐらい)な目標と
 長期的(5年後ぐらい)な目標は?
■ポイント6:顔、名前、手の甲


■ポイント1:ラポールがきちんと出来るか?
→コミュニケーション力はどれくらいあるか
を見ています。

面接に来て席に座った段階で、相手との距離感を
縮めるためにラポールをしています。

天候の話をしたり、気温の話をしたり、ここまでの
交通手段の話をしたり、服装の話をしたり。。。

相手との距離感をうまく取れる人はコミュニケー
ション力が高いことが多いです。

仕事では、様々な人とコミュニケーションします。
この力が高い人の方がやっぱり評価は高いです。


■ポイント2:自分の事を自分の言葉で話せているか?
→プレゼンテーション力がどれくらいあるか?

ポイントは「与えられたネタ(テーマ)を使って
自分をアピールできているか」です。

本気で仕事をやっている人は、自分がやってきた
ことに自信を持っていて、それを自信を持って
プレゼンできることが多いです。

※プレゼン力が高いかどうかは、それほど重要
ではないです。

別に趣味でも、特技でも、学生時代にやったこと
でも何でもいいんです。たぶん「自分」のネタが
一番話しやすいと思うので、自己紹介をお願い
しています。


■ポイント3:困難な状況や課題にどのように向き
合っているのか?
→本人の志向性を見ています。

ストレスが掛かった時に、その人の本来の考え方
や志向性が出ることが多いです。

組織を引っ張るタイプ、分析・調査をしてから
取り組むタイプ、新しい発想・新しいやり方を
大事にするタイプ、周囲の人と相談をして、仲間
を集めてから取り組むタイプ、などです。


■ポイント4:会社や仕事を選ぶ基準は?
→本人が何に魅力を感じて選択するのかを見ています。

自分がやりたい仕事をトコトンやれる環境を求めて
いる人に、企業ビジョンや福利厚生のことを熱く
語っても、心に響きません。

相手が何に魅力を感じるのか、を聞き出してから、
それに対するポイントを絞った回答をします。


■ポイント5:短期的(1〜3年ぐらい)な目標と
長期的(5年後ぐらい)な目標は?

スケジュールがタイトな環境にいると、考え方が
どうしても小さくまとまってしまう傾向が強く
なります。

でも、目先のことだけでなく、少し先を見ている
人は、いつもそのベクトルに目先を合わせようと
するので、すぐにリタイア(早期退職)すること
はあまりありません。


■ポイント6:顔、名前、手の甲

顔:少なくとも20数年は共にしているのが顔。
人相学というのもあるくらい、顔にはその人の
歴史が刻まれています。だからこそ、顔は注意
深く見ています。(カッコいいとか、カワイイ
とか、そういうレベルの話じゃないですよw)

名前:これも顔と同じく、少なくとも20数年
は共にして生きてきているモノ。最初の挨拶を
する時に、自分の名前をきちんと相手に伝わる
ように言う人は、仕事が出来る人が多いです。

手の甲:これは女性だけです。25歳を過ぎた
女性の場合は100%手の甲を見ます。キレイ
かどうかは問題ではなくて、ケアしているか
どうかを見ています。

手の甲をケアしている人は、どんなに忙しく
ても、夜に自分のために時間を使っている人
です。そういう人は、自分をよりよく見せたい
という思考をしている人が多く、向上心が強い
人が多いです。そういう人は、やっぱり仕事も
出来る人が多いです。


長くなってしまいましたが、面接では主に
こういう部分を見ています。ホントはもっと
見たいのですが、面接は時間の制約もあります
のでこれぐらいになります。

ブログパーツUL5
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM