スポンサーサイト

  • 2011.02.27 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【本】無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法

「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」を
読み終えたので、内容を書き留めておきます。



非常に読みやすい本で、あまり時間がなかったのですが、
2、3日で読み終えてしまいました。内容も理解しやす
かったです♪

■Point
どうやって時間を有効に使って余裕のある生活をするか

■大事な概念
ある一定の時間を時間づくりのために投資することで、
意味のある時間を増やすことができる

時間には4つの事象がある。
1 消費の時間(仕事の打合せ、仕事上のEメールの読み書き、プロジェクトの実行など)
2 浪費の時間(通勤時間、無駄な会議、テレビドラマ、飲み会など)
3 投資の時間(学習、スポーツ、家族の団らんなど)
4 空費の時間(飲酒、喫煙、暇つぶし、無駄話など)

重要度が高く、緊急度も高い→消費の時間
重要度が低く、緊急度は高い→浪費の時間
重要度が高く、緊急度は低い→投資の時間
重要度が低く、緊急度も低い→空費の時間

■理想的な時間マトリクス
1 消費の時間(50%)
2 浪費の時間(10%)
3 投資の時間(30%)
4 空費の時間(10%)

■時間管理の2つのポイント
●いかに「浪費」や「空費」にあてている時間を「投資」に
回して、その結果を意味のある「消費」につなげるか

●時間管理とは、「やることを減らす」こと
→本当に必要なものだけにやることを絞り込む。予定したことは
期限までに仕上げることを習慣化する

■時間管理を成功させるための4つの対策
●対策1:日々、新しい方法を試してみる
1日1つは何か新しいことができないかを考える。

●対策2:続けられる「仕組み」をつくる
人間は誰でも怠惰なもの。手間がかからない方法でないと
続けることは難しい

●対策3:「目標」ではなく「行動」にフォーカスする
「道具」や「仕組み」を工夫して、「行動」が続くように
コントロールする。

●対策4:必ず効果を測定する
週の終わりには1週間の行動を振り返って、投入した時間
と、それに対応する効果についてレビューする。

■黄金の時間の5原則
「黄金の時間」=有意義で生産性が高く、かつ、高収入に
つながる時間のこと
原則1:時間をつくるためには、あらゆる面の投資を惜しまない
原則2:単位時間あたりの成果に固執する
原則3:必要以上に「いい人」にならない
原則4:やりたくて、得意で、もうかることを優先する
原則5:スケジュールはゆったりわがままに設定する

■黄金の時間を増やすための5つのステップ
ステップ1:現状の課題を把握する
ステップ2:やらないことを決める
ステップ3:人に任せられることを決める
ステップ4:自分しかできないことを効率化する
ステップ5:新しい動き方を統合的に実践する

■時間効率を高めるための手帳の5つの使い方
●手帳の使い方1 現状の時間を振り返る
投資の時間を増やすためには・・・
1 投資の時間を増やすための原則を知る(=「黄金の時間の5原則」)
2 その原則を毎日の具体的な行動に移し実行する(=「5つのステップ」)

自分の普段の行動すべての割合を時間投資マトリクスに書き込んで
現状の時間の使い方を知る。

●手帳の使い方2 理想の状態をイメージする
理想のマトリクスをつくるには・・・
・優先順位をはっきりさせて
・目の前の雑事にとらわれずに
・長期的にやるべきことをやる

●手帳の使い方3 中長期目標を立てチャンクダウンする
1 中長期目標を立てる
2 チャンクダウンする(具体的な行動レベルに落とし込んでいく)

●手帳の使い方4 投資のための行動をスケジュールに落とし込む
目標に対して、どのように自分の時間を割り振るかを決めて、
この先半年分ぐらいを手帳に書き込んでしまう

●手帳の使い方5 1週間単位でPDCのサイクルを回す

【読んだ感想】
これまでにもタイムマネジメントに関する本は何冊か読んだこと
があるのですが、改めて「投資の時間」をどうやって増やすかが
最も大切なんだなぁ、と再確認しました。

この本では、その方法や時間の割合まで踏み込んで書かれていた
ので、とても参考になりました。

また、「投資の時間」を生み出すために、道具にこだわるという
考え方にも共感しました。安くても使えないモノだったら逆に
損をしてしまいます。いいモノには、きちんとした対価を支払って
その恩恵を大いに受けるという考え方はとても大切だと思います。

【これから読もうと思っている本リスト】
■レバレッジ・シンキング
■レバレッジ時間術
■ざっくり分かるファイナンス
■論語
■孫子の兵法

【カンブリア宮殿】楽天の考え方

毎週スカパーで観ているカンブリア宮殿に楽天の
三木谷社長が出演していて「成功のための仕事術」
というテーマで話をしていました。

具体的な仕事術というよりは、概念的な話が多かった
ですが、明日からの仕事でも活かせそうな話もあった
ので、内容を共有します。

■成功のコンセプト
1 常に改善 常に前進
2 プロフェッショナリズムの徹底
 →社内MBAプログラム
3 仮説→実行→検証→仕組化
4 顧客満足の最大化
 →楽天大学で出店している企業にノウハウをレクチャーする
5 スピード!スピード!スピード!

■起業をしたいという社員が増えていくのはどう思うか?
→起業家精神を持った人を育てていく方が、会社の活力になる

■失敗する新興IT企業が多い中で、楽天はなぜ生き残れたか?
→ITビジネスはスピードが命。大きな会社では難しい

■強い企業のポイント
→社員1人1人が経営者意識を持つことが大切だ。

そのために・・・
●朝会で徹底した情報共有をする
●徹底した掃除をする→ほこりがたまっている会社は成功しない

●会議は説明の場ではない。「決定」の場。
 →会議の資料は前日までにもらっていて、会議で話すことを決めている
 通常だと1時間かかる会議を、10分で終わらせている。

■失敗に対する考え方
→失敗を失敗だと思わない。逆に学べる事がある

【番組を観た感想】
会議の資料を参加する人に前日に渡して事前に目を通してもらい、
説明する時間を最小限にして、会議の到達レベルを高めるという
考え方は素晴らしいと思いました。明日からでもすぐに使えそう
なことです。

また「徹底する」というのもキーワードだと思います。
情報共有にしても、掃除にしても、「徹底してやる」という
強い意思を感じます。

松下電器の創業者である松下幸之助も、
「成功するまで続ければ、事は必ず成功する」
「失敗するのは、成功するまでに努力を放棄するからだ」
という言葉を遺しています。

性格についても非常にポジティブシンキングであることが特徴でした。
常に前向きで、情熱を持って、日々を生きること。
これも「やりたいこと」をやるためには必要なポイントですね。

こんなことをやりたいんすよ

日々仕事したり、勉強をしたりしていると、
やっていることに満足して、何のためにやっているのか、
どこに向かっているのかを見失ってしまうことがあります。

そんな時に大事なのは、人生をどう送りたいのか、
この先どうなりたいのか、
という広い視点で俯瞰してみることだと思っています。



少し先の目標や、やりたいことをリストアップしてみました。
(実現可能性は一旦横に置いて)

※ちなみに、今は29歳
・30歳まで:あと0年(4ヵ月)→2008年
・35歳まで:あと5年→2013年
・40歳まで:あと10年→2018年
・50歳まで:あと20年→2028年
・60歳まで:あと30年→2038年
・70歳まで:あと40年→2048年
・80歳まで:あと50年→2058年

■日本の中の日本だけでなく、世界の中の日本、アジアの中の日本として、
得られること、やれること、やるべきことを総合的に判断して決断を下し、
実行して結果を出す、広い見識と視野と決断力を持ったリーダーになる。

■周囲の人を明るくさせたり、ワクワクさせることができるような
「太陽の男」になる

■ゴルフで80代のスコアをコンスタントに出せるようになる。

■歴史書を読んで、過去の事象やリーダーたちから、多くの知恵を学ぶ

■お気に入りの家具を買う

■心から刺激を与え合える関係になれる親友をつくる

■情報の発信を意識的に行う

■自分の家でホームパーティーを気軽に開く

■ビジネスで成功し、目に見える実績を残す

■心の底から好きなクルマを2台(1台はオープンカーがいいなぁ)所有する

■年1回以上は海外旅行に行く

■月1回以上、映画を観る

■ディスカッションできるレベルの英語力を身につける

■イタリア語を使えるようにする

■65歳〜70歳の間に、大学で自分の講義を持ち、「知恵」を伝承する

■73歳に、日本の若者を元気にする本を執筆する

こんなことがやりたいんす。人生で。
リストアップしていたら、何だか楽しくなってきて、
眠気がなくなってきたけど、明日もやることいっぱい
なので、今日はこの辺りで。

たまーに、こうやって、これから先に「やりたいこと」
「なりたいこと」をリストアップしてみると面白い
です。何だかモヤモヤしているあなたもいかがですか?

Blog移行中

当初はこのBlogを読んでくれている方が多かったのですが、
秘かにSNSの方へ日記を移行していました。

そろそろ完全に移行しても良さそうな感じになってきたので、
とりあえずはもう少し様子を見ながらですが、SNSのみに
日記をアップしていきます。

もし登録がまだの方はメールアドレスを教えて頂ければ
招待メールを送らせて頂きますので、お気軽にご連絡下さい。

http://mixi.jp

私のページは・・・
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=44941

夢実現への進捗確認【社会・仕事編】

【Business】
■組織づくりをコンサルティングできる人事になる
○出来ていること
・自分の信念を伝えることで、思いを共有してくれる社外のパートナーをたくさんつくることができた。
○これからやること
・もっと現場を知る
→担当しているシステム部門の現場・会議に足を運び、現場の空気、求められる人物像、活躍している人のポイントを知る
→現場の人とランチをともにする
→メールではなく、なるべくレジュメ一つでも持っていって話を聞くようにする
→採用MTGを企画して、実施する
・組織をコンサルティングしている自覚を持つ
→他の誰よりも状況と打つべき手段を把握していることが大事(案件をまとめる→採用案件シートを作成したので、記入する。分からない部分があれば直接聞きに行く)
→各部署の採用案件に対して優先順位付けして、実際の採用活動やコミュニケーションを集中的に行う。
・自分の立ち位置を明確にする
→社外パートナーと現場の間に存在する「オーケストラの指揮者」

夢実現への進捗確認【プライベート・家庭編】

【Human Power】
■信頼し合える仲間を10人以上作る
○出来ていること
・日記やコミュニティを通じて、徐々に確実に関係を深めることができた
○これからやること
・新たな出会いの場に飛び込んでいない。もう少しアグレッシブに場を求めていっても、創っていってもいいと思う。
→新しいコミュニティを創る。オフ会を開き、語り合う(ネタ:就職支援、ゴルフ、勉強会etc)

■2006年中にNY旅行へ行く
○出来ていること
・大親友がNYにいる間にもう一度NYへ旅行をすることを決断した。
・HISなどのサイトで費用の概要を調べた。
○これからやること
・肝心な旅費の工面を行う。

夢実現への進捗確認【教養・知識編】

【Study】
■2009年にMBAもしくはMPA留学をする
○出来ていること
・毎日Listeningをする習慣が身に付いた
・単語の暗記を進める決心をした
○これからやること
・日々の成長を実感できない(勉強時間が少ないことから起因しているのでは)
→休日の勉強時間を増やす(集中して勉強するためのスペースを探す→近所の図書館の開館時間をチェックした)
→勉強する範囲を設定(ガイドラインを策定する)

■政治家になる(2018年)
○出来ていること
・毎日新聞の社説を読み、要旨を把握・分析して、自分なりの意見を持つようにする
・首相所信表明演説原稿を読んで、国の向かうべき方向性を知る
・法律、経済・経営、哲学、政治、歴史(日本史・世界史)、都市工学、コミュニケーション力、心理学の分野から本を検索して、月2冊のペースで本を読み、学んだことをまとめる
○これからやること
・出来ていることを毎日継続させる
・ファッションセンスを良くするために雑誌を読んだり、ウィンドウショッピングをしたりして、見る目を養う。自分らしいファッションを知る、学ぶ。

夢実現への進捗確認【健康編】

【Human Power】
先週末に年始に立てた目標に対する進捗確認をしたので、まとめる意味でBlogに書き残しておきます。

■体を鍛える(ベスト体重である72kgまで体を絞る)
○出来ていること
・1、2週に1回のペースでコナミスポーツに通うことを習慣化させることができた。
・食事の量を意識して摂るようになった。
○これからやりたいこと
・家での筋トレが出来ていない
→トレーニングをするための時間を日に20〜30分設ける。(0:15〜0:45)

■ゴルフを上達させる(常時90台前半のスコアを出せるようになる)
○出来ていること
・手首の使い方がキーポイントになることを掴んだ。
・ゴルフ仲間を社内外でつくることができた。(自らが呼び掛け人となる)
○これからやりたいこと
・練習に行けていない
→3/12〜練習を再開
→週末に2日間休めるのであれば、1日はゴルフの練習、もう1日はジムへ行くようにする。

少しご無沙汰になってしまいましたが

少しご無沙汰になってしまいましたが、
また再開します。

仕事が多少忙しくなったことを理由(言い訳?)にして
Blogの更新を怠ってしまいました。

先週末に年始に立てた目標に対する進捗と反省をして、
今後の行動計画を立てたので、後日公表します。

組織をコンサルティングする

【Business】
今の仕事では、組織の問題点を捉え、それを解決していくという、「組織改革コンサルティング」の役割が求められています。

「組織改革コンサルティング」

聞こえはカッコいいけれど、結局は泥にまみれる仕事です。でも、なぜリスクを負って転職してまで今の会社に来たのかというと、この組織改革を外側からではなく、内側からやる経験をしたいためです。ということで現状は、かなり恵まれたポジションにいると思っています。

11月に今の会社に転職をして、主に取り組んできたのは、社外に一緒に改革プロジェクトに参加してくれるパートナーを増やすということ。1日2〜5社と面談をしてきて、自分の思いを伝えてきました。合計で80数社にお話をして、10社ぐらいがパートナー関係になって頂けたようです。

外堀を固めつつある現状において、現在の課題はいかに内堀を固めていくか、です。ここからは正に泥にまみれる仕事になります。時には表の顔と裏の顔を持ちつつ、相手に主体的に動いてもらい、自ら改革に着手してもらう必要があります。

大変でしょうが、将来の夢を実現する上でも、この数年間の経験はとても貴重なものになると思います。もう一度やるべきことを把握した今。あとは行動するのみです。

ブログパーツUL5
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM